飽きない家庭料理といえば

家庭料理とは、

一般家庭で日常的に作られる

料理のことです。


日常的に作られるものですから、

普段と味が少しでも変わってしまうと「やっぱり何か違う」となるのが家庭料理。 


普段から食べてるからこそ、

味に愛着があります。


人は慣れた味に、落ち着きを感じるのかもしれません。


毎日食べても飽きない家庭料理とは

どんなものがあるのか、調べてみました。



◯白米

炊きたてのお米なんて、

何度食べたって飽きないですよね。


お米がないと、ご飯を食べた気が

しないなんて人もいます。


お米は組み合わせ次第で

いくらでもレパートリーがある。

お米は毎日食べていても飽きない一品。



◯味噌汁

味噌汁も家庭料理の醍醐味。

わかめの味噌汁から、豆腐の味噌汁、

アサリや大根の味噌汁などなど……

こちらもたくさんのレパートリーがあります。


味噌汁は出汁の取り方や

具材の切り方で味がガラッと変化します。


家庭によって、味の変化が大きい

料理ではないでしょうか。


味噌汁も1日のどこかで食べないと

落ち着かないくらい、

飽きない家庭料理の一品です。




代表的な2つを上げましだが、

共通する家庭料理の飽きない理由としては、

手軽にシンプルに作れることです。



料理人の青山有紀さんも

お話しされていましたが、

手軽にゆるっと作れる家庭料理だからこそ、

食べる方も、リラックスしてゆるっと食べられる



家庭料理の魅力とはそこにあり、

飽きない家庭料理というのは、


作る方もリラックスして

手軽に作れる料理のことかもしれません。